>> 予防歯科 無料メール相談

---------

メインテナンス

「歯なんか、毎日磨いてるよ。だから虫歯や歯周病にならないよ」

とおっしゃる方がいらっしゃいます。 しかし、そうではありません。
歯ブラシを一生懸命していただいても、落とせない汚れがあるのです。
それが歯石とバイオフィルムです。

歯石とは歯垢(プラーク)が固まって(石灰化)できたものであり、この歯石は表面がザラザラしているために、細菌がつきやすくなります。細菌がついて、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)に入り込み、それにより歯槽骨を溶かしてしまう原因となります。

ですから、歯石はきちんと取り除く必要があるのです。

また、バイオフィルムとは台所のヌメヌメのようなものであり、細菌同士が固まって保護膜を作り、殺菌剤や抗菌剤から細菌を守る役目を果たし、それによって歯ブラシでは取りづらくなります。また、歯と歯の境目、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)についたバイオフィルムは歯ブラシで取り除くことは困難になります。

バイオフィルムを放置しておくと、虫歯と歯周病の原因となります。
ですから、これを機械的に歯科医院で取り除くことが重要になるのです。

また、このバイオフィルムは1度、破壊しても、また3ヶ月程度で形成されるというデータが出ています。ですので、1~3ヶ月に1度の定期的なメインテナンスが大切になるのです。

メンテナンスではこのようなことをします!!

では、当院ではどのように皆さまに予防処置をしているか、お伝えしましょう。

1. 定期的な口腔内のチェック

当院では3カ月ごとにお口の中を診査します。
むし歯、歯周病のチェックを行い、前回と比較します。

2. 歯石や歯垢を取り除きます

従来の歯石歯垢をとるスケーリングのみならず、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という方法で、歯の表面から、細菌の付いたプラークをはがし取ることが有効です。

3. フッ素を塗布

きれいになった歯面にフッ素を塗布し、エナメル質の強化や細菌の活動の抑制をはかり、むし歯の予防に役立てます。

むし歯や歯周病は細菌が原因で起きるものです。

どちらも、現在では進行を管理することが可能となってきました。
重度に進んでしまってからでは、治療も機能回復も困難になってきます。

出来るだけ進行しないよう、定期的なお口の中の健診、お手入れをしていきましょう。

バイオフィルム動画


※動画が表示されない場合は、最新版のMacromedia Flash Playerが必要です。

顕微鏡レベルの視点で歯の表面を見てみると色々な汚れが貼り付いています。

虫歯菌たちは、一生懸命歯の表面にくっ付いていようとしてノリ状のネバネバした物質を作り、定着し、更に自分達の身を守るためにバリアー状になっています。

この状態がバイオフィルムです。

歯磨きや電動音波ブラシ、デンタルリンス等のうがいでもバイオフィルムは落ちません。 放っておくと、やがて虫歯や歯周病になります。

---------

このページのトップへ