>> 予防歯科 無料メール相談

---------

これから出産する前にぜひ知っておいていただきたいこと

母子感染の予防

母子感染の予防

お母さんの虫歯金が子どもに感染する母子感染が問題になっています。

授乳時期はお子さまの将来のお口の健康にとって、とても大切な時期です。ご一緒にお子さまのお口の健康を考えましょう。

母子感染を防ぐために気をつけたい事は?

口うつしでものを食べさせたり、大人が使った箸で赤ちゃんに食事をさせたりすると、ミュータンス菌などの細菌が増えてお口の中の病気の原因となる事があります。

生後1才半から3才が虫歯菌の住みつく時期です。

しかし、子どもとのスキンシップを止めることはありません。なによりも、お母さんのむし歯の治療や予防が大切なのです。


感染している子供の率と母親の口内の虫歯菌の数

お子さんのむし歯予防には、まずお母さんのお口の健康が大切です

左のグラフは、お母さんのお口の中のばい菌の数とその子どもたちのむし歯になる割合を示しています。

お母さんのお口にばい菌が多いと子どもも虫歯になる可能性が高くなるのがわかります。


ミュータンス菌を大量にもっている母親が、定期的に歯科医院でお口の清掃をしている場合としていない場合の感染した子供の数と年齢

お母さんのお口の健康状態について歯科医院で検査してもらい、虫歯予防のアドバイスをしてもらいましょう

右のグラフは、歯科医院で治療やお口の清掃をしてもらった母親としなかった母親で子どもの虫歯のでき方の違いを表したものです。。

お母さんのお口をきれいにすると子どもも虫歯ができにくくなりますね。


---------

このページのトップへ