>> 予防歯科 無料メール相談

---------

どうして虫歯になるの?

虫歯の成り立ち

「私は毎日歯を磨いているのに虫歯になってしまうの」

とおっしゃられる方がいらっしゃいます。しかし

「毎日歯を磨いていないけど虫歯になったことはないよ」

とご自分の歯を自慢されるかたもいらっしゃいます。

このような差があるのはなぜでしょうか?

その答えは・・・

一人ひとり虫歯の原因が違うからなんです!
つまり!たとえしっかり歯磨きだけできているとしても、また虫歯を削ってつめたとしてもそれはある意味で「虫歯を治した」とは言えないのです!

虫歯の原因はさまざまで、人それぞれにライフスタイルや環境などが複雑に絡み合って発症する病気なのです。

虫歯の原因と対策

虫歯の原因となる3つの要素

虫歯の原因となる3要素

虫歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。

つまり

これら3つの要素が重なる時間が短ければ虫歯になる可能性が低く、長ければ虫歯ができやすくなるのです。

歯質

  • 歯の強さやだ液の力によって虫歯になりやすいかどうかが左右されます。

虫歯菌

  • 主な虫歯菌はミュータンス菌です。この菌はプラーク(歯垢)をつくり、また歯を溶かす酸をつくります。

食べ物

  • 糖質の中でも特に砂糖を含む食べ物や飲み物が虫歯の発生に影響を与えます。

虫歯になるリスクを小さくするには

虫歯になるリスクを小さくするには

虫歯の原因となる3要素の重なり合う時間や面積をできるだけ少なくすることで、虫歯になるリスクを下げることができます。


対策

虫歯菌

虫歯になるリスクを小さくする 虫歯菌

  • ご家庭での歯みがきや、歯科医院でのプラーク除去。
  • 菌の活動をおさえるキシリトールやフッ化物の使用など。

歯質

虫歯になるリスクを小さくする 歯質

  • フッ化物を使った資質強化。
  • よく噛んで唾液の分泌を促進。
  • 歯科医院でのシーラントによる予防など。

食べ物

虫歯になるリスクを小さくする 食べ物

  • バランスのとれた食生活。
  • おやつの習慣。砂糖など虫歯の心配がないおやつの選択など。

※虫歯になる原因は人それぞれ!ご自分に合った予防方法をご相談ください。

ダラダラ食べないで、時間を決めて食べよっ!

いつもお口の中に食べ物が入っている状態だと、虫歯菌の思うツボ!
虫歯にならないためにも、食事と食事のあいだにお口の中を休ませてあげなきゃね。

規則正しい生活をすれば

食事のたびにお口の環境が虫歯危険ゾーンに下がるけど、だ液パワーで健康ゾーンに戻ります。リズムある食生活をしていると、お口の中が健康ゾーンでいる時間が長くなって、虫歯の危険は低くなるんだよ。

飲食回数が多く、お砂糖をたくさんとると

せっかくお口の中が健康ゾーンに戻りかけたのに、危険ゾーンに逆戻り。とくに寝ているときは、だ液がほとんど出ないんだ。だから寝る前のおやつは、虫歯の危険度がとっても高いんだよ。


もちろん、虫歯にならないように、食べた後はちゃんと歯みがきするよ。

虫歯の分類と治療法

虫歯は進行状況によって、C0~C4の5段階に分けられます。
それぞれの特徴と治療方法は以下のとおりです。

分類 特徴 治療方法
C0 初期虫歯
まだ歯に穴はあいていません。
フッ素とキシリトールを利用し、歯を再活性化させる。
(医師による治療はありません)
C1 歯の表面のエナメル質にだけ穴があいたもの。
痛みはありません。
法治すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要。
削る部分は最小限。
C2 エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。
まだ神経に達していないので強い痛みはないが冷たいもの、甘いものなどが染み始めます。
削って型取りをし、出来上がってきたものをとめる治療。
麻酔が必要です!!
C3 虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。
歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることも。
いずれも、激痛を伴う事が多くなる。
麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を取り除きます。
C4 神経が死んでしまった状態。
痛みは軽減しますが、虫歯菌が血管を通り心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。
多くの場合
抜歯する事になります。

---------

このページのトップへ